HOME>アーカイブ>クリーニングの保管サービスがおすすめ!クローゼットがスッキリする

クリーニングの保管サービスがおすすめ!クローゼットがスッキリする

店員

クリーニングの保管サービスについて

着ない服がクローゼットを占領しているのはもったいないことです。しかし、家の収納スペースは限られますし、それだけのためにトランクルームを借りると案外維持費がかかります。あまり費用をかけずにクローゼットをすっきりさせたい要望をすんなりかなえてくれるのが、クリーニングの保管サービスです。

女性

保管料金はいくら?

かさばる冬服を預けるイメージだと1着500円程度でワンシーズン丸っと預かってくれます。サービスが充実したところでは期間内の出し入れが可能なこともあります。詰め放題の袋を利用すると詰めた袋単位で1000円くらいです。預けたい服の量と性質によって使い分けましょう。

保管サービスを利用する時の流れ

アイロン

依頼をする

保管がすぐに依頼できない可能性があるので事前に保管サービスを行っているところに依頼をしましょう。

服を預ける

普通にクリーニングを依頼するのと同様に服を持っていき預けます。

料金を払う

クリーニング代にプラスして保管料を払います。前払いが一般的です。

クリーニング

シミ、ほつれなどのトラブルが発生しない限りは連絡なしでクリーニングを完了してくれます。

依頼期間で保管

汚れが落ち保管に適した状態になった後、服を悪くしないおすすめの場所に保管してくれます。

業者をきちんと選ぼう!

長期間服を預けておくことになるので通常のクリーニングよりも業者選びは慎重に行いましょう。周りで同様のサービスを使ったことがある人を探し、最低限悪いうわさがない事は確認しておきます。

店舗型クリーニングと宅配クリーニングのサービスを比較

保管料が安価なのが店舗型

店舗型クリーニングの保管を自店舗で行っているところは保管料が押さえられています。自店舗ではないにしろ、店舗型の方が保管料を安く抑えられます。

運ばなくていいのが宅配

ダッフルコートやウインドブレーカーが数枚重なると運ぶだけでも厄介ですが、宅配クリーニングなら取りに来てくれます。受け取るときにも希望日時を伝えるだけでいいのでおすすめです。

トラブルを回避する為にチェックしておきたい事

ネットの口コミは重要な情報源になります。ですから、宅配クリーニングを利用する前には必ず確認しておきましょう。サラッと検索しただけで悪いうわさが出てくるところは避けた方がいいです。こだわって探さずともサービス名を検索しておくだけでも安心です。

広告募集中